SANYO HOUSING NAGOYA RECRUIT SITE

ENTRY

社員インタビュー INTERVIEW

ものづくりを実際に間近で
見ることのできる魅力的な職場

施工ディレクター 2015年入社

吉安 洸樹

HIROKI
YOSHIYASU

ものづくりを実際に間近で
見ることのできる魅力的な職場

会社について

  • はじめて会社を知ったきっかけを教えてください。

    元々サンヨーハウジング名古屋という名前は聞いたことはありました。
    両親が建築関係の仕事をしていたこともあり、小学生の頃から同じ業界に行きたいと思っていたので工学部の建築学科に入学して、企業の合同説明会で実際にどのようなコンセプトで家を建てているのかを聞いて詳しく知ることができたのがきっかけです。

  • はじめて知った時、どのような印象を持ちましたか?

    土地付きの物件なので管理しやすそうだなというのと、接客にも少し興味があったので、注文住宅ですと打ち合わせなどでお客様とコミュニーションを取れますし、一軒一軒違うので飽きることなくやりがいを感じられそうだなと思いましたね。

  • どんな所に惹かれて入社(エントリー)を決めましたか?

    注文住宅の会社は他にもありますが、私は春日井出身なので地元の名古屋で仕事をしたいと考えていました。
    しかし規模の小さい工務店などは不安な面もあったので、上場企業で安心感もあり、長い目で見ていくと安定もしているサンヨーハウジング 名古屋に決めました。

  • 入社前の不安はありましたか?
    その不安は入社して解消しましたか?

    建築学科である程度の予備知識は得たのですが、学校で現場監督の仕事をする訳では無いので、ざっくりとしたイメージしか無い中、実際どのように仕事を進めていくのだろうという不安はありました。
    入社していきなり一人でやる訳ではく、二、三ヶ月は先輩に付いて一緒に行動するので、そこで一つ一つ仕事について細かく教えてくれますし、最初に現場を持ってからも自分がメインで先輩がフォローに入ってくれたので入社前の不安はなくなりました。

  • 逆に入社前にワクワクしていたことは何ですか?
    そのワクワクは実現していますか?

    お客様の管理、職人の管理、工程の管理まで、自分の段取りで建物が建って、それをお客様に引き渡せるというところで最初から最後まで携われることに対してワクワクしていました。本当に何も無いところから建物が建つのを間近で見られるはやはり楽しいですし、今でもワクワクします

  • 入社後に一番苦労したことは何ですか?
    どうやってその苦労を乗り越えましたか?

    大学で得た予備知識が正直ほとんど役に立たなくて、先輩が色々な図面を見ていても全然理解ができなかったことです。
    設計やデザインの授業もあったのですが、構造のことなど何も考えずに理想の建物を設計して模型を作ったりしてたので、何が分からないのかも分からない、何を質問すれば良いのかも分からなくて。ただそんな状態がずっと続いていてもいけないので、分からないなりに自分でまとめて先輩に聞いてみたり、工事の順番や段取りを全部ノートに書いて地道に覚えていきました。

  • 会社のいい所、改善した方がいい所を教えてください。

    もうすぐ5年目になるのですがそれでも工程の遅れや収まりの間違い、材料の間違いなどで現場がスムーズに行かないことがあります。自分で対応できる時はするのですが、どうしても解決できない時にすぐ上司が相談に乗ってくれてアドバイスをしてくれるので、フォローの部分はすごくしっかりしていると思います。
    改善した方がいい所は現場の人が少ない所です。どうしても建築系の花形は設計であり、現場は少し人気がありません。もう少し人が増えれば仕事に集中できるのかなと思います。

仕事について

  • 現在の仕事内容を教えてください。

    まず営業さんがもってきた簡単なラフ図面を元に、設計士がお客様の意見を反映したしっかり建物が建つ図面を作製します。
    さらにそこからコーディネーターが建具や床の色などの仕様を決めていって最終的に全てまとめた図面一式を貰います。
    そこから設計士とコーディネーターと施工管理で打ち合わせをして収まりの悪い所などを書き足して、資材部から各業者に割り振ってもらうまでが着工前の準備です。
    どういう人が割り振られたかを一覧でもらって予算のやり取りなども終わりますと連絡がきます。そこから着工していつまでに完成させてという工程を作っていきます。これまでは紙で作っていたんですけど今は工程管理のソフトがあるのでそこにまとめて入力していきます。その後に職人さんと図面を見て順番に着工していくという感じです。
    基本建物が完成してから駐車場の工事が完成して、全ての工事が完了したら引き渡しです。引き渡しには立ち会わないのですが、それまでに着工立会い、中間立会い、完成立会い、駐車場の立会いがあるので大体10回程お客様とお会いします

  • なぜこの仕事を選びましたか?

    正直自分も最初は施工管理ではなく設計の希望でしたが、もっと良い図面を書くためには現場や建物のことを知るべきだということで納得して現場を経験させて頂きました。実際現場をやってみますとデスクワークや中でする作業が好きではない自分にはこちらの方が向いていたようで、今は設計よりも施工管理という仕事に魅力を感じています。

  • 仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

    図面を触ることは出来ないんですけど、お客様が最初の立会いで「もうここまで出来たんですね、次は上棟ですね」と言ってくださったりして、お客様のどんどんワクワクしていく顔が見れるのは嬉しいです。
    駐車場の打ち合わせは、私たち施工管理がお客様と詳細を詰められる唯一の仕事です。自分だけでお客様と打ち合わせ、最後に形にできるので、それは面白うと思います。
    難しい部分ですと注文住宅は収まりが一軒一軒違うので、例えばこの窓はここには入らないとか、図面通り作ってしまうとダメな場合もあり、それに気付かずに作ってしまって後から発覚するということがあります。
    事前に図面上から読み取って気付けるようになるのは難しいです。どうしてもミスは発生してしまいますが、施工の時点でのリカバリーは難しい部分があるので、前段階で早めに気付きたいです。なかなか大変ですがやはり経験と注意力が大切だと思います。

  • 今までの仕事で一番嬉しかったエピソードを教えてください。

    入社二年目くらいに引き渡し直前で中の収まりのことで少し揉めてしまった現場がありまして、そこの対応をさせて頂いてたんです。私たちは引き渡しをしてすぐ現場を離れる訳ではなく、不具合や立て付けの調整などで何度かお伺いします。しかしずっと自分が担当する訳ではないので、今後はメンテンスの部署が担当になりますという話をさせて頂いたんです。
    その際に「ちょっと寂しいな、また顔出してよ」と言ってもらえまして、色々あった現場でしたが満足して頂けたみたいでそれは未だに覚えています。

  • これまでで一番難しかった仕事(プロジェクト)は何ですか?
    どうやってそれを乗り越えましたか?

    在来工法と2x4工法という二つの工法があるのですが、異動してくるまで2x4工法はやったことがなかったので大変でした。在来工法は柱で組み上げるいわゆる軸組の工法ですが、2x4工法は壁で支えていく全く違う工法ですので、図面も何をチェックすれば良いのか分からない。外に合板を貼る工法なので間違えてしまったら直すのも二倍以上手間がかかります。その時も先輩に教えてもらったのですがそれでも間違えてしまったりということがあったのでそこが一番苦労しました。
    ただ、異動したことで仕事の幅が広がりましたし、そういった意味では自分の実力も上がり良かったと思っています。

  • 今、どんな事に気をつけて仕事をしていますか?
    その経緯も合わせて教えてください。

    お客様相手の仕事になるので打ち合わせの内容を書面では残していても、どうしてもたまに認識に齟齬が発生してしまいます。自分が伝えたつもりでも相手が理解していなければ意味がないので、お客様に理解してもらえるような話し方、打ち合わせ方をするよう気をつけています。
    あとは引き渡しの日にちが伸びてしまったり、言いづらいことでもわかった時点で言うようには心がけています。お客様も一生に一度の買い物ですし、そういった部分で嫌な思いをさせないように気をつけています。

  • 今後のビジョンを教えてください。

    私の支店には二つ上の先輩とベテランの一回り上の先輩がいます。二人を見ていると職人からの信頼も厚く、色々なことを考えて仕事をされていて、そういう姿を見ていると自分は甘い部分や変わらなくてはいけない部分が多々あります。いずれは先輩のようにお客様からも信頼されて、会社からも信頼されて、職人からも信頼される現場監督になりたいと思っています。

プライベートについて

  • プライベートで大切にしていることは何ですか?

    休みの日は出来るだけ休むようにしています。休みとは言え現場は動いているのでどうしても電話がかかって来ることもありますが、緊急の時以外は連絡して来ませんので、スノーボードやキャンプをしたり、営業の方とサイクリングをして楽しんでいます。

  • そのために仕事(会社)で大切にしていることはありますか?

    休みの日は休めるように普段から段取りをしっかりして働いています。休み前には悩みをなくすようにはしていますが、どうしても気になることがありましたらプライベートでも電話の一本、二本はします。一日でも資材が遅れるといけませんので、二連休ですし現場を滞りなく進めるためにはそういったことも大切だと思います。

  • 未来の後輩に一言ください!

    施工管理は会社、職人、お客様の間に立つ仕事なのでとても大変なイメージがあると思います。
    実際大変な部分はありますがそれを一つ一つこなしていければ業者の方にも喜んで頂けるので本当にやりがいのある仕事だと思います。接客を通してコミュニケーション能力もつきますし色々なことを覚えることができます。
    建築学科に入っている方は基本的にものづくりが好きだと思います。施工管理は全て自分で段取りをして最初から最後まで見て、ものづくりが実際に間近で見ることのできる魅力的な仕事です。

ONE DAY
社員の一日
9:00出社
9:30メールやFAXのチェック
10:00現場まわり開始 現場の収まりを考えたり、お客様や職人さんとコミュニケーションを図ります。
12:00お昼休み 現場近くのお店でお昼。
13:00別の現場の確認 職人さんと打ち合わせてスケジュールの管理を行います。
16:00工程調整 材料手配や図面のチェックを行い、翌日に備えます。
18:30退社 ※土日は現場でのお客様との打ち合わせが中心です。