コラム

HOME > コラム > 注文住宅購入の流れと選び方マニュアル

注文住宅購入の流れと選び方マニュアル




注文住宅で家を購入する流れ



家を購入する流れは、大まかには土地を購入して、その土地に建物を建てます。しかし、それは安いものではなく、一生ものの買い物となる人は少なくありません。その中でも、注文住宅となれば、家を造るだけではなく、工務店との契約はもちろんのこと、設計士やデザイナーなどとも、より良い家になるようアイデアを出し合って、自分のより住みやすい家にするようにしていくのが、家を購入する大まかな流れになります。

注文住宅は、購入者自らがオーダーメードをして、工務店と相談をしながら自分の住みやすい家を造りますから、それ相応に時間はかかりますが、最終的には、自分の納得の住まいが出来る可能性があります。家を建てるにあたって、間取りはもちろん建築素材も自由に選ぶことができ、お金をかける必要があるところには、それを充てることも可能です。また、建築上の不安も出てくるでしょうが、住宅性表示制度という第三者による評価機関があり、その機関が検査をするので安心できます。

その上、工事実施中には、工事をしている現場に足を運び、現場管理者にも質問ができます。その状況次第においては工務店とも相談しながら、工程を変更したり確認したりすることが可能です。工務店などと相談をしながら、予算に応じて土地から工事過程、材料費まで組むことができます。分譲住宅のように既に出来上がった家を購入する場合とは勝手が違い、予算と時間は大きくかかりますが、その分楽しみもあります。このように、注文住宅では自分の住みやすい家を造ることが可能となっています。



注文住宅のメリット・デメリット



注文住宅には楽しみもあり、メリットも多いようにとらえられるところですが、デメリットもあります。デメリットの一つは、設計や見積もりにおいて建売住宅とは比べ物にならないほどに時間と労力がかかります。特に、注文住宅を購入して何度も打ち合わせなどを重ねるため、工務店の選び方ひとつにしても、とても厳密にする必要があります。

また、先に土地を購入してから注文住宅を建てる場合は、工事を進めるにあたって、敷地境界などを明確にしたりなどで、近隣の方に対する理解を得ることや、周辺道路の整備状況も一つの大きな要素になってきます。資金面においては、高額な買い物となりますので、多くの人は金融機関の融資が必要となってきますから、作業に取り掛かる前に、入念な打ち合わせが必要となります。土地購入資金を住宅ローンの一部として提供したり、それとは別に融資を進めてくる金融機関もあります。場合によっては、二重にローンを組まなければならなくなる場合もありますから、その点は注意が必要になります。

なお、建売住宅では、敷地と一緒に手付金を支払って、残りはローンを組む形での売買契約を結ぶことが可能です。

注文住宅において、設計などの変更や材料を新たなものにするような場面が生じた場合や、デザイナーや設計士の方と契約をして、一緒に注文住宅のアイデアを出していく場合には、別途予算も発生します。また、支払い方法も工務店によってさまざまな場合が多いです。それらの点を踏まえて、予算や工務店の選び方を慎重にして、注文住宅を購入していくことで、より納得した買い物になるでしょう。



目的にあわせて建てる



注文住宅をはじめとして、建物を購入する目的は人それぞれにあります。自分のすみかにしたり、家族が住みやすい家づくりをしたり、福祉施設を経営する場合においては、利用者さんが快適に過ごせるような施設づくりを進めていくことでしょう。それぞれの目的に合わせて購入をしていくにあたって、いくつか例を挙げていきます。

二世帯住宅のように、子供世帯が若くて独立が難しい場合や、暮らしに安心感を求める高齢者世帯の現状を相互に解決できる方法もあります。融資の面でも、親子間で親子リレー返済などを利用することで、問題解決となりやすいです。福祉施設のような、内装に手を加える必要が生じる場合には、自分自身の生活の考えや経営スタイルの下で設計をしていく必要があります。この場合には、バリアフリーは必要な要件ではありますが、それだけではなく設備及び器具を設置した場合のシミュレーションを図る必要があります。このようになれば、予算も相応にかかってくることでしょう。施工後に手直しをできるだけ少なくするためにも、工事に取り掛かる前に、工務店や金融機関や、設備を提供する会社との打ち合わせがうまくいくような選び方が必要になってきます。

最近では、太陽光発電などエコ住宅用の商品が取り扱われていますから、それらを取り入れてみることで、自分なりの納得した注文住宅を作ることもアイデアの一つとしてあげられます。多くの人には一生に一度の買い物となりますので、それぞれに目的のあった注文住宅を予算や場所と相談しながら購入することで、楽しみが一つ増える可能性があります。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋