コラム

HOME > コラム > 引っ越し成功へのコツとは

引っ越し成功へのコツとは



必要な作業を整理する



ほとんどの方にとっては、引っ越しは一生の中でもそう何度もない特別なイベントです。そのため、何から始めればよいのか、何をどうすればよいのか、と戸惑ってしまう場合もあるでしょう。全部自分でやってしまう、という強者も存在するかもしれませんが、ほとんどは業者に頼もう、と思われるでしょう。最近はテレビやインターネットなどでも引っ越し業者のCMがよく見られます。安い、早い、親切、丁寧、など売り文句も様々ですが、利用者としては良いサービスを安い費用で提供してくれる業者を選びたいものです。では、業者を選ぶコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、引越し業者に何をやってもらいたいかをまとめます。例えば、梱包サービス、荷積み、旧居掃除、移動、新居掃除、荷降ろし、開梱サービスなどがあり、それぞれ別料金が必要です。荷積みや移動、荷降ろしは省略できませんが、その他、例えば梱包サービスなどはオプションで、事前に自分でやっておくこともできます。これらの他、エアコン取り外し、取り付け、不要な家具や電化製品の廃棄なども有料オプションとして依頼することができます。荷物の量、移動距離の長さによって基本料金が変わりますが、オプションを追加したい場合には基本料金にオプション料金が追加されることになります。

節約志向に走りすぎると、ダンボール箱は自分で用意する、作業要員が一人減るから積み込みも手伝う、というようなことになってしまって、返って費用や時間がかかってしまったり、作業効率が悪くなってしまったりする恐れがあります。業者に任せるべきところは、しっかりと任せる必要があります。



業者を選ぶ



依頼したいサービスが決まったら、次に、業者の比較をするために、インターネットなどを利用して一括見積もりをしてみます。「引っ越し」「一括見積もり」のキーワードで検索すると、引っ越しの一括見積もりサイトがヒットしますので、必要事項を入力して見積もりをします。業者によって随分差があることがわかると思います。しかし、安ければ良い業者かと言うと、必ずしもそうではないかもしれません。大体の相場がつかめたら、ネット上から実際に引っ越した人の口コミや評判を確認し、何社かに絞って、実際に見積もりを依頼しましょう。

作業員は何人か、共用部分や室内壁の養生をするかどうか、保険には加入するかどうか、どのような保険か、などを比較して、また業者の対応態度や説明内容も参考にして最終的に判断しましょう。中には、訪問見積もりの帰りにダンボールを置いて帰る業者があるようですが、これはキャンセルしにくくさせるための作戦の場合もあるようです。置いて帰ろうとしても、契約する前には受け取らないと言って断るか、契約しなくても返さないよ、と言っておけば安心かもしれません。

引っ越しの時期は料金に影響します。3月などの引越しシーズンでは料金も上がりますし、なかなか希望の日が押さえられません。オフシーズンであっても土曜、日曜は混み合う恐れがありますので、できれば平日に予定したほうが良いかもしれません。業者にもよりますが、キャッシュバックキャンペーンや特典などが適用されるのはオフシーズンの平日が多いようです。

不動産業者に引っ越し依頼を頼んだら、自分で頼むよりも料金が下がってサービスも驚くほど良くなった、という話も耳にします。可能であれば、旧居か新居を担当する不動産業者に確認してみるのもコツの一つかもしれません。

いつまでならキャンセルできるか、を確認しておくことも必要です。もっと安くてサービスの良い業者が見つかった、どうしても外せない急用が入ってしまったなど、キャンセルしたいケースが発生しないとも限りません。いつまでならキャンセルできて解約手数料が不必要か、必要ならいくらなのか、あとになって揉めてしまうことのないように、事前に確認しておきましょう。



引っ越しの実施



冷蔵庫や洗濯機、食器棚、本棚、といったような大型の家電や家具が、新居の想定位置に入るかどうかは必ず確認する必要があります。大体の予想で、まあ大丈夫だろうと楽観して、いざ引っ越しで運び込んでみたらダメだった、となると大変です。必ずメジャーで測って確認することが大切です。

身体が不自由だったり、怪我をしていたりして、荷造りサービスを業者に依頼する場合があります。この場合は、引っ越し前日までに2~3人のスタッフが来宅して荷造りを行いますが、お金を出して依頼するのだからといっても、作業するのは人間ですから、ある程度の指示は行う必要があります。何を梱包して何を捨てるのか、一緒に梱包するべきもの、してはいけないもの、注意書きには何を書くかなど、何も用意していなければ、複数の作業員から一度に質問責めを受けてパニックになってしまう可能性もあります。事前にできるだけ準備しておきましょう。

また、荷積み作業の邪魔にならないように、出来上がったダンボールをどこに積んでおくかも重要なコツの一つです。引っ越し作業がどのような順序でおこなわれるか、ある程度のイメージを描いて、用意をすすめましょう。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋