コラム

HOME > コラム > 名古屋市北区で分譲住宅を探すのに参考になるものは

名古屋市北区で分譲住宅を探すのに参考になるものは

家を建てるには


名古屋市北区には多くの業者があり、分譲住宅に関してさまざまな提案をしてくれます。家を建てる時に、土地から考えている場合は分譲住宅が第一に浮かぶものです。名古屋北区には、そのような分譲住宅が多くあります。家を建てる場合には、いろいろな知識を持ったプロの方の提案やアドバイスが必要です。コミュニケーションを密にとって家を建てていく必要があり、それはとても大切なことです。名古屋市北区には家を建てる際の知識を多く持った業者があり、家ができるまでの流れやどのような事が必要なのかをアドバイスしてくれます。それぞれの考えを持つお客様に対して、家づくりの相談や融資や設計、そして実際入居した後のアフターケアというところまで専門のスタッフが担当します。
家を土地から探して建てる場合には、まず土地探しをしなければいけません。個人で土地を探してもよいのですが、素人だとなかなか手間と時間がかかってしまいます。しかし、しっかりとしたノウハウを持っている専門の人が探すことで、無駄のない、条件にあった土地を探すことができます。また気に入った土地が見つかった場合、その土地の地盤の強度や周辺の環境、自然環境がどのように家に関係するのかなども、専門の人が調べてくれます。そのおかげで家を建てた後、安心して快適に暮らしていくことができます。
土地が決まれば次にすることは、かかる費用の相談です。十分な資金源がある人、そうでない人もいます。名古屋にある分譲住宅を扱う業者では、資金の相談やその融資の決定などのアドバイスをもらえるところもあります。融資の基本プランや資金プランなどの提案をしてもらうことで、家を建てる先の目安が立ちます。自分で考える事には限界がありますが、知識と経験のある専門業者に依頼することで分譲住宅の夢が近づきます。

土地についてしっかり知るには


分譲地に家を建てる前には、その土地についてしっかり知ることが大切です。これが耐震などの強度につながるからです。家を建てる際には、多くの経験を積んだスタッフがいる業者に依頼して、土地の調査にもその十分な知識と経験を駆使して最適な土地探しをします。地盤調査は、住宅金融支援機構と同じ基準でその地盤の強度を調べます。このように調査することで、地盤の軟弱な部分などを知ることができ、その補強方法なども考えることが可能になります。耐震強度をどのくらいにすればよいかなどを専門の人が調査することで、的確な土地の基礎補強が行えます。
分譲地を多く扱っている業者では、スウェーデン式サウンディング試験と言うものが行われていますが、地中に荷重を加えて地盤の強弱を調べるものです。さまざまな土地の地盤検査の結果、あまり強度がないと判断された場合には、基礎地盤を補強する必要があります。これを地盤改良と言います。分譲地に家を建てることは、家主のこだわりと家族を守りたいという希望が含まれています。土地探しから家を建てる人は、さまざまなところに注意しておかなければいけません。
耐震については、多くの人が注目しているものですが、揺れのエネルギーを吸収するといった仕組みで家を建設していく方法があります。建物が変形してしまう前に効率よくエネルギーを吸収できるように制震ダンバーというものの設置を行うことで、耐震強度が高くなります。この器具を設置することで、地震の揺れを最大で70%も吸収することができます。

建築後の保証も大切


実際に家を建ててからのアフターケアーですが、保証制度があるととても安心して住むことができます。購入後の保証制度があれば、不具合などが生じた場合も安心です。豊富な経験と知識を持ったスタッフがさまざまな調査を行い、必要であれば耐震に関しての補強なども行っていくのでとても安心です。保証に関しては、一般的に行うアフターケアーとして1年から2年の保証があり、住宅の品質確保のための法律に基づいて10年保証、20年保証というものもあります。
また、20年保証というのは任意になりますが、家を引き渡した後10年目に有償となる点検等を行い有償のメンテナンス工事を実施すると、その時点からさらに10年の延長保証が受けられるものになります。点検や保証の内容などについては、それぞれの業者で違いがありますので個々で確認は必要になりますが、引き渡しの後にそのまま放置となると、その後の生活していく中で何か問題が起こってしまうと大変です。保証制度については、家を建てる場合にはしっかり確認しておきたい部分です。
分譲地の地盤の状態は、各業者で審査基準も違いますが、お客さまが建築中である現場を見ることが可能ですし、作業を見るだけでも安心するものです。また名古屋の耐震に関しての工法というのは、最高評価である3になりとても高い基準になっています。大規模地震に備えたものと考えられますが、この工法の基準に関してはとても重要であり、基準を守って建築していくことで震災から家や家族を守ることができます。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋