コラム

HOME > コラム > 名古屋で土地売却を考えている方にとってのお役立ち情報

名古屋で土地売却を考えている方にとってのお役立ち情報




更地と建物付き土地ではどちらが高く売れるのか



この先、名古屋で不動産売却を行いたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ひと口に不動産売却と言っても、実際の取引事例にはさまざまなバリエーションがあります。例えば、土地だけで建造物のない更地と、建物付きの土地では、取り扱い方法や価格に違いが生じてきます。これら2種類の不動産の価格を比較すると、ケースバイケースではあるものの、建物付きの土地の方が高く売れる傾向にあるでしょう。

土地を購入するにあたって、更地を買ってから注文住宅を建てるなど、何らかの目的があり、更地を購入するという人も中にはいます。しかしながら、多くの場合には、ハウスメーカーや工務店が建築した建物付きの土地を購入するようです。そして、そもそも、土地の中には、使用にあたって制限が設けられているものも存在します。したがって、価格だけではなく、人気の面でも、更地より建物付き土地の方にアドバンテージがあると言って良いでしょう。

ただし、建物付きの土地でも、建っている住宅があまりにも古い場合には、購入希望者は少なくなることでしょう。築年数が経過し、そのままでは住むことができないようなコンディションの建物は、住宅として利用するために購入しても、すぐに取り壊す必要性が生じてきます。ほとんどの場合、不動産を購入する目的は、住宅としての利用になります。そのような事情を考慮に入れると、購入した後の取り扱いが困難になることの予想される土地は、人気の度合いが低くなるという問題もあります。

次に、所有する土地に、すでに建物が建っている場合、自分で建物を取り壊し、更地にしてから土地売却を行うためには、それなりのコストを負担しなければなりません。また、土地を購入する人にとっても、更地の状態から新築の住宅を建てるよりも、建物付きの土地を購入し、自分たちでリフォームを行った方が、負担することになる費用は少なくて済みます。こちらは、最近のリフォームブームによる影響もあり、人気の高くなっている方法です。

そういった事情から、更地よりも建物付き土地の方が、高い価格で売却することができると言えそうです。もちろん、建物の外見的印象や内装、築年数などの条件によっては、更地の方が売れ行きの良くなるケースも存在します。こちらは、ケースバイケースなので、一概に結論を出すことはできないというのが実情です。建物付きの土地を所有している場合には、最終的には不動産業者のアドバイスにも耳を傾け、土地売却の方法を決定すると良いでしょう。



広めの土地を所有している方へ



この先、名古屋で土地売却を行うにあたって、抱いている思いは人それぞれに異なります。例えば、広めの土地を持っているので、子どもや孫に譲渡する分を除いて、一部だけ売りたいという方がおられるかも知れません。そのように、広い土地を分割して、複数回に渡って売却することができれば、売主にとって資産運用の選択肢が多くなるように思われるでしょう。しかしながら、実際のところ、法律上の取り決めにより、個人が土地を分割して売却するということはできません。

不特定多数の相手を対象として、所有する土地を分割し、反復継続して売却することは、宅地建物取引業に該当し、宅建免許を所持する人しか行うことができません。したがって、広い土地があり、販売価格が高額になってなかなか買い手がつかない場合には、一括して宅建業者に売却するか、そのまま所有するかという選択肢しかないという訳です。こちらは、宅建法の取り決めの中でも、個人の地主にとってデメリットとなるシステムです。



土地の売却・活用の内どちらを選ぶか迷った場合には



名古屋にお住まいで、相続による譲渡などで土地が手に入ったものの、その土地を有効活用するか、売却するかという問題で悩んでいるという方もいるのではないでしょうか。こちらの問題を考えるにあたっては、所有する土地の状況や一人ひとりの抱えている事情、所有者自身や家族の意見などを考慮に入れた上で、総合的な観点から検討する必要があります。こうした問題については、不動産仲介業者やハウスメーカーのスタッフに相談するという方法もありますが、最終的には、自分で判断を下すことになります。

土地売却と土地活用の内、どちらかを選択する必要性に迫られた場合には、それぞれの方法のメリット・デメリットを理解した上で、個人のニーズや希望条件にマッチした方を選定することが大切です。例えば、土地を売却する場合、所有する不動産を現金化することができます。土地売却で得られた現金は、相続税の納付資金に充当することができるほか、遺産相続に際して分割しやすくなるというアドバンテージがあります。また、土地を手放せば、固定資産税の支払いや、不動産の維持・管理をする必要がなくなり、そのための負担から解放されるというメリットも存在します。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋