コラム

HOME > コラム > 分譲住宅を購入する場合の注意点

分譲住宅を購入する場合の注意点

すでに建っている分譲住宅だからこその注意点


住宅を購入するということは、一生のうちに何度もあることではありません。そのチャンスをつかむことができたというだけでも、幸せなことであるともいえるでしょう。ですが、せっかく手に入れた住宅も本当に幸せを届けてくれる存在なのかといえば、そうでないことも出てきます。なぜならば、どんなところに注意しなければいけないのか、そこに見落としがある可能性があるからです。特に分譲住宅となったときには、注意点をしっかりと抑えていかなければいけません。
分譲住宅に注意点があるのかといえば、既に建っていることです。これが最大の特徴でもありますが、見えているからこそすべてをイメージしやすく、注意点を見落としてしまうことになるでしょう。見えていないところに問題はないのか、そこから考えていくことで、本当に幸せになる住宅を見つけることができるようになります。
分譲住宅は、すでに建っているのですから、希望通りの間取りではないでしょう。これがそもそも問題です。デザインが気に入るかどうか、妥協しても済むレベルなのかということも、よく考えて決断しなければいけません。細部に至るまで希望通りになるものを見つけることは、注文住宅でしかできないことであり、とても難しいことなのです。ストレスを感じずに住めるようなところを見つけることが重要でしょう。
すでに建っているということで、見ることができない部分が出てきます。例えば、床の下をのぞくことはできますが、基礎がどうなっているのかはわかりませんし、工事の経過を見ていない為に何が起こっていたかを知ることはできません。壁にクロスを張られてしまえば、これをはがして検査することも実際難しい問題です。壊して検査をするわけにもいかない以上、信用できる会社を選ぶということが必要になるでしょう。もしも、こうした心配をするということであれば、注文住宅にすることで、その工程をひとつずつ自分の目で確かめていくことができます。

性能は満たしているのか


分譲住宅を購入するという条件を考えてみます。注文住宅よりも安価であるということが大きな要因となるでしょう。ところが、よく確認しておかなければ思っている以上に高くなってしまうことがあります。それがオプションです。分譲住宅というと何でもそろっていると思われがちでしょう。ところが、実際に自分たちが希望するような設備がないこともあります。そうなると、後付けにすることになりますがこれが非常にコスト高になりやすい原因になります。こうなると、安かったはずの分譲住宅が、高額な住宅になってしまうことになるでしょう。予算を大幅にオーバーするということにもつながりかねません。注文住宅にしておけばよかったと思っても、もう遅いということになりますので、どんな設備を持っているのかをじっくりと考え、選んでいかなければいけないでしょう。
もちろん、家の性能ということも重要でしょう。性能という部分では、耐火能力や耐震性といった問題がありますが、これが保険に関わってくる部分です。安心して購入したつもりが、実は要件を満たしていなかったということも出てこないわけではありません。購入時点ではっきりとわかっていれば問題も減らすことができますが、知識がなければ見落としてしまう可能性は否定できません。

住むことに適した環境となっているか


分譲住宅が建てられるということは、その土地は宅地開発されたところでしょう。すでに住宅地として開発が始まっていれば、多くの施設も出来上がっているはずです。その中でチェックしたいのは、公園や集会所といった公共施設だけではなく、生活に必要な食料品を購入できる場所や病院、学校も重要です。こうした施設が出来上がっていることが重要ですが、まだ環境が整っていないこともあります。そうなると、かなり離れた場所を利用することになりますので、どこまで出来上がっているのか、これから出来上がるのかということは分譲住宅を購入するうえで重要な要件です。
コミュニティの形成ということも気にしておく必要があるでしょう。防災として、コミュニティの形成が大きな力を発揮することがわかっていますが、新規で作られた住宅地には、こうした環境はなかなか出来上がっていません。隣を知らないということがいいこともありますが、いざ何かあったときには困ることも出てきます。
建売住宅を手にするということは、時間のないときや資金調達ということでは、注文住宅よりもはるかに有効な手段です。自分の個性を全面に出した家を建てたいというのであれば、注文住宅にする方が良いでしょう。注意点もいろいろとありますが、すべてを満たすようなところは、どちらの方法をとるにせよ、とても労力のいることです。良い意味で妥協をしていくことが重要ですので、どこまで何を許容することができるのか、家族の中でもよく話し合い決めることが重要です。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋