コラム

HOME > コラム > 分譲住宅の購入にはどんな費用が含まれる?

分譲住宅の購入にはどんな費用が含まれる?

分譲住宅の費用は、やはり気になるもの


これからマイホームの購入を考えている方の中には、どのような家を購入するのか、また建築するのか、夢膨らむ毎日を送る方もいらっしゃるでしょう。その一方で予算の都合が合わず、何を優先し、何を排除していけばいいのか頭を痛めているという方もいらっしゃるでしょう。
自己所有のマンション、一戸建てを持つということは「わが城を持つ」という事ですから、いつか実現したいとこれまで節約して頭金の貯蓄に励んだり、住宅展示場に行って暮らしやすい住宅について知識を仕入れたり、さまざまな気持ちを持って取り組まれていることでしょう。
注文住宅よりも分譲住宅の方が割安、という事が昔から言われていますので、購入するなら分譲住宅と考えている方も少なくないと思いますが、やはり気になるのは費用です。かなり余裕をもって住宅に対してお金を出せるという方は少なく、住宅ローンを組み、できる限り低い費用で購入したいというご家族がほとんどです。
ご家族の人数によって家の広さなども違いがありますし、学校や職場への通勤通学を考えれば、駅近くの条件がいいところに住宅を求めたいという事もあります。色々な事を考慮して、ご家族が豊かな気持ちで暮らせる我が家を、住宅ローンの負担ができる限り少ない状態で購入しなければなりません。
分譲される住宅については、予算をできる限り抑えて住宅を購入したい方、実際に暮らす住宅の間取りや内装、立地条件や利便性などを事前に自分の目で見て購入を決めたいという方、さらに住宅の設計、土地の購入などの手間をとる時間がないなどの忙しい方などに向いている住宅と言えます。費用面等考えなければならないことがいろいろありますが、ご家族と暮らす我が家が快適な住宅となる様にしっかり考えましょう。これから分譲住宅を購入希望の方は予算の面や購入のポイントなどをよく調べて失敗しない環境を作りましょう。

面倒な事を「行わずにすむ」分譲住宅


住宅を建築する際、土地を持っているようならその土地へ、土地がないようなら土地を準備しそれから建物について考えることになります。分譲住宅は土地、建物がセットとなっているためいろいろなことを「行わずにすむ」購入となります。
土地を購入する前には、当然その立地条件について考えなくてはなりません。周辺の道路状況はどうなのか、学校、公共施設、駅、それに病院や日々のお買い物などがしやすいかどうか、さらに地盤強度、日照時間なども暮らしていく上で重要な事となりますので、調査が必要となります。
土地を探すということも大変ですし、土地を調査するということにも時間がかかり、ここで費用も発生します。地盤を改良して強度を出さなければならないという場合にはさらにお金が必要となりますし、何より住居として利用できるかどうか、法的な地域指定についても調査しなければなりません。都市計画法によって用途地域が指定されている区域では、建物の種類や建ぺい率、容積率や高さ制限、隣地斜線制限や日影規制等が決定されていることも多く、自分が理想と思える建物を建築できないという事もあるでしょう。
分譲住宅の場合、分譲する不動産業者や建設会社などの企業が、こうした面倒な事をすべて行ってくれているので、「行わずにすむ」安心の購入ができるのです。分譲される住宅は同じような物ばかり、というイメージをお持ちの方も多いのですが、現在分譲されている住宅を見れば分かるとおり、非常に個性豊かな建物が多くなっています。立地条件や環境、お住まいの外観に内装などをしっかり見ていけば理想の我が家はきっと見つかることでしょう。

分譲住宅購入はセットになっているものがベスト


何もかもがセット価格になっているという事、それも分譲住宅の大きな魅力です。何もかもがセットというのは住宅を建設するために必要な様々な事で、例えば土地探し、購入、地盤工事、さらには設計などの住宅建築に欠かせないことがセットとなっているという事です。
業者によって土地の地盤工事や外構工事などが本工事と別途になっているという所もありますが、しっかりと業者を選択すれば、すべてがセットになった全く面倒のない購入ができます。本工事だけの金額で安いと判断し、いざ購入しようという段階で、地盤工事にいくら、外構工事にこのくらい、さらに設計費用は別途ですと言われたら、根本的に住宅購入を考え直さなくてはならなくなる可能性もあります。
また住宅を購入される際には、通常、頭金を準備しても住宅ローンを利用しますが、どの金融機関で住宅ローンを組むのか、またどこまで融資してもらえるのか、利息はどのくらいなのかという事も気になります。銀行などに融資をお願いすることになりますが、直接銀行で融資を受けるよりも、例えば住宅を購入する業者が提携している銀行などを利用する方が、魅力ある商品が多く、できる限り金利の低い商品が利用できるという事もあります。
普段のお買い物とは違い、住宅を購入する時には非常に大きなお金が必要となりますので、どこでもいいというわけにはいきません。大きな買い物になるからこそ、しっかり考える必要があるのです。住宅建築に必要な建築技術や知識を持っているという事はもちろん、法的なことや経済的な面まで相談できる業者が望ましいでしょう。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋