コラム

HOME > コラム > 不動産購入の利点や保険と業者選びのポイント

不動産購入の利点や保険と業者選びのポイント



不動産を購入することで得られる利点を知る



私達が生活をする上で必要なものの一つに住宅を挙げることができます。住宅は主にプライベートの時間を過ごすことが多く、人生の長い期間その住宅に身を置くことになります。そのため、移住する予定のある方や新築に引越しをする人の中には住まいを慎重に選ぶ人が多いです。例えば住まいを選ぶ時にはどのような間取りにするのか検討する人が多いです。

住宅の間取りはそれぞれの不動産で異なります。既に建っている家を選ぶ人はそれぞれの住宅の間取りを見比べてどのようなお部屋の配置が自分に合っているのか考えます。また、現在では注文住宅を購入する人もいますが、その時には間取りを自分で決めることになるので、生活スタイルや家族の意見などを取り入れて業者と話し合いをしながら好みの間取りに設計する人も多いです。賃貸物件などを借りて生活をする人も多いですが、好みの間取りが見つからないご家庭の中には購入をする人も珍しくありません。

現在では建売として売られている物件もあります。また、先程少し触れましたが、注文住宅として購入する人もいます。どちらにしても不動産を購入することになりますが、では実際に購入にはどのような利点を挙げることができるのでしょうか。利点の一つとして挙げられるのが、資産として残すことができます。基本的に賃貸物件で生活をしていると家賃を支払ってもいつかその賃貸物件が資産になるというケースはないため、賃貸契約を解除すればその物件を資産として運用することはできません。しかし、購入をすれば住宅ローンなどの支払いを終えればその不動産は自分のものになるので、売却して現金化したり息子に譲るなどその物件の使い道は所有者が決定することができます。スペックの高い住宅に住むことができる点も利点の一つです。賃貸物件の中には家賃が高額なところもあり、そのような物件を契約することができればハイスペックな空間で生活をすることができます。しかし、そのような物件に住むためには毎月数十万もしくは数百万の家賃が必要になる可能性があります。一方で購入をすれば支払う頭金や土地の価格、間取りの広さなどによっても異なりますが、月々の住宅ローンの返済でお庭のある物件や、広めのリビングあるところに住むことができ、自由に手を加えられるという点も利点です。例えば改築をしたり、ガーデニングを施したり、キッチンだけをリフォームして自分の使いやすい空間に生まれ変わらせることも可能となります。



不動産の保険について



基本的に不動産を購入すれば保険に加入するのが一般的です。戸建の保険として知名度が高いのが火災保険や地震保険を挙げることができます。

不動産は高額です。物件によって数千万円の住宅ローンを組む人もいるので、保険に加入しないと不安だと思われる人はとても多いです。実際に保険に加入する時、様々なことを決定しなければならないので、自分に合った保険にするためにどのように選べばいいのかわからない人も多いです。まず選ぶ時にはどのような災害が対象になるかです。火災は故意でなくても起きてしまう可能性があります。また、自分の家だけでなく、引き起こした火災によって他の住宅にも迷惑をかけるケースが多いので、戸建に住んでいる人で火災を災害対象に含める人もいます。火災の他にも風災や水災があります。それぞれのお住いの地域によって遭う可能性がある災害の種類は異なるので、もし災害に巻き込まれて不動産を失わないようにしっかりと検討します。

その他の地震保険に加入する人の中には家財も地震保険でカバーするかどうか迷っている人も多いでしょう。当然家財までカバーするとなると月々の保険料が高くなる可能性がありますが、ファミリー世帯においては付けておくと生活再建がしやすいので、家財も付ける人が多いです。



不動産を購入するための業者を選択しよう



子供が成長したので、新しい子供の部屋を準備するために住宅を購入したいと考える人や、転勤をきっかけに不動産を購入したいと考える人は少なくありません。まず購入をする時には設計や販売を行う業者を利用するのが一般的です。

現在では不動産に関するサービスを実施している業者は多いので、購入を検討している人の中にはどのような業者を選択すればいいのかわからない人も多くいます。選び方のコツは対応エリアを確認することです。建築したい土地が決まっている人はそのエリアでサービスを提供してくれる業者を選択します。対応してくれるエリアの業者を複数選ぶことができたり、各業者に見積依頼などをしてどのぐらいの値段になるのかを把握します

複数の業者に見積もりを取ることで値段を比較することができるので、安いところや充実したサービスを提供してくれるところを選択することができるでしょう。また、ショールームなどを実施している業者があれば実際に見学してみても良いです。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋