コラム

HOME > コラム > マイホーム購入はどのあたりの年齢が適正か

マイホーム購入はどのあたりの年齢が適正か

マイホームをもつということ


マイホームを建てることは、かなり夢のある決断です。だれもが一度は考えることでしょう。ですが、思い切って建てることができるときは、ある程度限られた年齢になってくるものです。どんなにマイホームが欲しかったとしても、あまりに若い時には、そこまでの金額を捻出することができないのが一般的なところとなるでしょう。人生の中で、非常に大きな買い物になる以上、そうは簡単に購入することができないからです。
実際に頭金となる現金も必要になってきます。すべて一括払いできるだけの資産を持つというのは、そうそうできることではありません。全額借入ができるということもそうそうありません。
10%以上の頭金を必要とすることが多いということも出てくるため、貯蓄がなければ対応できないということになるでしょう。そこで、マイホーム購入ができるというのは、ある程度の年齢にならなければできないケースが多くなってきます。
下調べして、さまざまな知識を持つということも必要でしょう。理解するためには、それなりの経験もなければいけません。マイホームに対する知識だけではなく、金融に関する知識なども必要になってくるためです。さまざまな面からも、一定年齢に達することが、マイホームの購入に対する条件となってくるのが見えてきます。

貯蓄とローンの返済から考える


年齢に関わる重要事項ということでは、一体どれぐらいの金額を貯蓄するのかということになってきます。地域によっても異なりますし、時期によっても金額は異なるために一定ではありません。ですが、若年の場合には、信用が低いために、多くの頭金が必要になってくるでしょう。現実問題として考えれば、頭金は20%程度必要になると考えなければいけません。実際に年収で1年分では足りないことが多く、2年程度貯めるということも必要になってきます。消して少ない金額ではないはずです。
ここで考えていかなければいけないのは、年齢とともに年収も増加しやすいことは間違いないということです。自営業のような形態の場合には当てはまらないこともありますが、サラリーマンとして働いていれば、年収が増加する可能性は高いでしょう。そうなると、当然年齢とともにマイホーム建築しやすくなるということになります。
ところが、ここに落とし穴があることに気が付かなければいけません。それは、ローンを組む時の完済時年齢です。80歳までに設定されていることもありますが、72歳や75歳までということもあり、年齢が上がると余裕を持ったローン返済ができないようなことが出てきます。現実的に考えて、組めなくなってしまうことも出てくるため、ある程度若い時期にマイホーム購入を考えることも必要になるでしょう。親子リレー返済という方法もありますが、だれでも組むことができるわけではないということもかかわってきます。
ここから逆算していった場合、一般的に余裕をもって組むことを考えれば、40代前半であるということが求められるでしょう。35年ローンを組むとしても、なんとか問題にならないような年代ということになるからです。

増える30代でマイホーム購入


40代前半までというのは、マイホーム購入のひとつの目安であります。これは、ローンの完済ということで考えた場合であり、ライフプランということではないところに注意が必要です。例えば、20代前半に結婚した場合、この年代まで来ると、子供たちも独立していくぐらいの年齢になってきます。その時に、マイホーム購入を考えるというのは、あまり現実的な部分ではないということになるでしょう。そこで、貯蓄をしながら30代での購入を考えていくということもひとつです。
30代の購入の場合、頭金に余裕を持っていくということが必要になってきます。20代よりも、金融機関から信用されやすくなるということもありますが、あまり転職を繰り返していたりすると、ローンが組みにくくなることも考えていかなければいけません。かなり計画的に貯蓄もしていくことが、早道になっていくことは間違いないところです。
個人の資産というものは、その人によって大きく変化してきます。信用ということでも違いがありますので、こうしたマイホーム購入の年齢もひとつの例といっていいでしょう。だれにでも当てはまることではありませんが、将来ということを考えれば、購入の計画を立てながら生活していくということも必要です。貯蓄があるということは、それだけリスクに対しても強いということになってきますので、計画的に考えることはマイナスではありません。それどころか、プラスに傾きやすいことであると考えれば、マイホーム購入もひとつのイベントととらえ、行動してみるのも悪いことではないはずです。
マイホームを持つということは、勢いではできません。自分を取り巻く生活ということもあるでしょう。さまざまな要因から逆算していくことも必要ですので、参考にしながら計算してみることが必要です。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋