コラム

HOME > コラム > これから新築を建てるときの注意点についてのまとめ

これから新築を建てるときの注意点についてのまとめ

新築を建てるためのお金について


これから新築の家を建てる際にまず考えるべきはお金についてです。基本的には住宅ローンを組むことになります。しかし、住宅ローンというのは30年や35年でローンを組み、その間ずっと返済をしなければいけません。人生の大部分をローンの返済に費やすことになります。そのため慎重に検討するべきでしょう。絶対に返済できるという自信のある額のみを借りるべきです。ローンの借入額を減らすためには頭金を用意しておくと良いでしょう。自己資金がたくさんあるならば、それだけ借入額を減らすことができて、返済期間も短くできます。そうなれば結果的に利息の負担を減らすことになります。
住宅ローンについてはどの金融機関を利用するのか、どのような金利でどのくらい借りるのかといったことを決める必要があります。また、事前審査を受ける必要があり、それに通らなければお金を借りることができません。年齢や勤務先、年収、これまでの勤続年数といった点を考慮されます。返済能力があるかどうかを判断されるのです。
家の費用については見積書をもらうことになります。その内容については詳細な部分までしっかりとチェックをして、疑問点や不安点などは一つも残さないようにしましょう。少しでも疑問に思った部分についてはすぐに質問するべきです。そうしないと後悔することになるかもしれません。工事が始まってからでは遅いのです。
家を建ててもらう際にはハウスメーカーや工務店などを利用することになるでしょう。その際には一つの業者に決めるのではなくて、いろいろな業者から話を聞くと良いでしょう。そして見積もりを出してもらうのです。それによって、一番コストが安くて質の高い家を建ててくれそうな業者を見つけることができます。

どのようにして希望条件を決めるか


これから新築の家を建てたいのであれば、希望条件を決めておきましょう。どこに頼んで家を建ててもらうにしても、希望条件を提示しなければ何も始まりません。たとえば費用です。どのくらいのお金を準備できるのか、ローンを組むにしても毎月の返済額や返済期間について、どこまで許容できるのかを考えておきましょう。そして、予算の上限を決める必要があります。その予算の中でできるだけ希望を叶えるためのプランを出してもらうのです。
また、家を建てる際に土地も同時に購入するのであれば、土地の条件も考えておかなければいけないでしょう。最寄り駅までの距離はどれくらいなのか、周囲にはどんな便利施設が集まっているのか、通学や通勤の際にどのくらいの時間がかかるのかといった点をチェックしておきましょう。そして、できるだけ快適に生活できるような環境を求めるのです。
さらに、家の中にどのくらいの部屋が必要なのかも決めておくと良いです。現在の家族構成やライフスタイルのことだけを想定するのではなくて、これから10年後や20年後のことについてもきちんと考慮しておきましょう。たとえばこれから子供をつくる予定があるのであれば、多めに部屋を準備しておく必要があります。高齢者も生活するならばバリアフリーの環境を整えておく必要もあるでしょう。他にも希望する設備や部屋などの条件をどんどんあげていって、それらをまとめましょう。その際には新しい家に住むことになる家族全員の意見を集めるべきです。みんなが満足できるような家づくりを目指しましょう。そうすれば家族が楽しく暮らせる新築の家を建てることができます。

業者選びの注意点


新築の家を建ててくれる業者を選ぶ際にも注意点があります。業者は非常にたくさん存在しています。その中でも種類を分けるとハウスメーカーと工務店、設計事務所があります。ハウスメーカーというのは住宅建築会社の大手のことであり、住宅を一つの商品として考えて、システム化されたサービスを提供しているのが特徴となっています。そのため画一的な家が多いのが特徴です。スムーズに家を建ててくれるでしょう。営業担当者がいて、その人と話をしながら家づくりを進めていくことになります。広い地域で営業している業者が多いです。
一方、工務店というのはその地域に密着して営業しているところが多いです。展示場はなく、広告宣伝費も少ないため、比較的リーズナブルに家を建てることができるでしょう。自由度の高い家づくりができるケースが多いです。施工を自社で行っているケースが多いです。そのため技術力を強みにしています。
設計事務所というのは建築士に頼んで家づくりを行うことになります。基本的に設計を主に担当することになり、実際に施工するのは工務店やハウスメーカーとなります。設計力に自信を持っており、こちらの希望通りの家を設計してくれるでしょう。
さらに、それぞれの業者のタイプの違いを理解しておきましょう。同じ工務店という分野であっても業者ごとに特徴は大きく異なっています。それぞれを比較することが大切です。実際に問い合わせてみたり、相談をしてみることによって、信頼できそうな業者を探しましょう。アフターサービスが充実していたり、保証サービスを用意していたり、品質管理をしっかりと行ってくれる業者を選ぶことがポイントです。
このように、業者選びではさまざまな注意点が存在します。

ご挨拶 | 企業情報 | 分譲住宅・注文住宅・土地情報のサンヨーハウジング名古屋