「家をつくる」。それは、プロの仕事が息づくチームプレー。
サンヨーハウジング名古屋では、契約から引渡しまで
営業部→設計部→建設部→支店統括部へと
丁寧にバトンを渡し、ひとつの家をつくり上げます。
各工程のほんのヒトコマをご紹介しましょう。

「家をつくる」。
それは、プロの仕事が息づくチームプレー。 サンヨーハウジング名古屋では、契約から引渡しまで 営業部→設計部→建設部→支店統括部へと 丁寧にバトンを渡し、ひとつの家をつくり上げます。
各工程のほんのヒトコマをご紹介しましょう。

Episode 1

最大のハードルともいえる
「土地探し」を提案できることが喜び

「どうやって土地探しをしたらいいの?」と不安を感じているお客様にとって、“土地からオーダーメイドできる家づくり”はうれしい解決策。街の未来を見極めて土地を一括購入し、家に適した区画に分けて販売するので「手の届く価格で土地が見つかった」と喜ばれています。

Episode 2

人生のイベントだから
「資金計画とプランニング」は納得いくまで

お客様にとって、営業スタッフは家づくりの一番のパートナー。設計士と連携しながら、納得いくまで間取りや資金計画をご提案。不安があるようなら下調べして迅速に応えます。晴れてご契約となった時「○○さんのおかげで夢が叶いました」という言葉が何よりの幸せです。

Episode 3

大事なのは暮らし心地。
お客様に寄り添い「設計&コーディネート」

契約後は、最終図面とインテリアを決める段階へ。平面図を見てイメージしてもらうには、設計士のプレゼン力が欠かせません。インテリアの決定はコーディネーターがお手伝い。デザインの押し付けではなく「自由設計のワクワク感とお客様の住み心地優先」を心がけています。

Episode 4

現場で品質を見守る、家づくりの
キーマン「工程・品質・安全管理」

図面を職人に渡せば自ずとできあがる…家はそんな単純なものではありません。社員が現場監督として現場へ出向き、業者との打合せや図面・工程との適合を確認。それを社内へ報告して品質をキープしています。週末は、進捗を楽しみに訪れるお客様へ工事の説明も行います。

Episode 5

住宅ローン申込から引渡しの準備まで
「支店統括部」がフォロー

住宅ローンの手続き、火災保険の申込、諸費用の計算、引渡しの準備。これらは役所や金融機関との綿密なやりとりと書類の手配が必要です。ひとつ抜けるだけで引渡しは不可能に。支店統括部では忙しいお客様がストレスなく手続きできるように、段取りを考えフォローしています。

Future

「ありがとう」から始まる、
新たなお付き合い。

お客様の夢のお手伝いをできることが、この仕事の醍醐味。プランや予算面のご期待に応えようと知恵を絞り、苦労した分「今度遊びに来てね」といった笑顔で報われます。引渡し後は、メンテナンスを通して末永くお付き合い。アフターサービスも“品質”のひとつなのです。