サンヨーハウジング名古屋の地盤調査/補強サンヨーハウジング名古屋の地盤調査/補強

地盤調査については住宅金融支援機構による基準と同様であり、地盤強度を調べるためにもっとも実績のあるスウェーデン式サウンディング試験を採用しています。この調査によって基礎仕様、及び軟弱地盤に対する地盤の補強方法の提案をします。
スウェーデン式サウンディング試験を採用する住宅会社は多くありますが、一般的に、十分な知識と経験を兼ね備えたベテラン技師が担当している例は少ないようです。
当社においては、経験豊富な社員が調査結果を基に的確な基礎補強の判断をしています。

スクリューポイントを取り付けたロッドの頭部に、100kgまでの荷重を加え、ロッドがどれだけ地中に貫入するかを測る試験です。貫入が止まった後、ハンドルに回転を加えさらに地中にねじ込み、25cmねじ込むのに必要な回転数を測定することで、地盤の強弱を調べます。

地盤改良とは地盤調査の結果、地盤の強度が不足と診断された土地に対して建設する住宅が耐えられる様に基礎地盤を補強することです。また、沈下や滑り破壊の抑制を目的に行われます。
地盤改良の工法は地盤の強度だけではなく、建物の重さと強度関係により変わってきます。
当社が行う工法としては、下記の3つの工法があげられます。

表層改良工法とは軟弱な地盤にセメント系固化材を混合・固化・転圧させ、良好な地盤を形成するものです。地盤の耐力を増し、不同沈下を防ぐ方法です。また、表層部1~1.5mくらいの土とセメント系固化材をパワーショベルを使用し攪拌する為、改良状況を目で見て確認することが出来るとともに、状況に応じて柔軟な施工を行うことが出来ます。

柱状改良工法とは軟弱な地盤が比較的深い(3.0m~6.0m)ところに確認された場合に適切な工法です。軟弱な地盤に安定した地盤までセメント系固化材 (地盤改良専用)と土を注入し、土を柱状に固化させることにより地盤強化を図る工法です。柱状改良の最大の特徴は、改良した地盤(コラム)が建物を支える強度を長年にわたり維持出来る事です。

鋼管杭打設工法とは鋼管杭を硬く丈夫な地盤まで回転圧入し、杭を確実に定着させる事で建物を支える工法です。軟弱地盤が深く、柱状改良では硬い地盤までの改良が難しい場合に行われます。水やセメントを使用しないため、現場がきれいに仕上がります。また、傾斜地でも有効な工法です。