サンヨーハウジング名古屋の家づくりに関するご質問サンヨーハウジング名古屋の家づくりに関するご質問

費用はどれくらいかかるの?
他社は本体工事費のほかに地盤工事、外構工事、設計料が別途費用でかかったりし、当初の予算を超えることがありますが、当社は土地・建物・造成・地盤改良・設計・消費税などすべてを含んだ「セット価格」にてご提供させていただいております。
住宅ローンについてお聞きしたいのですが・・・。
住宅ローンの業務提携をしている各金融機関が魅力のある商品をご用意しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。お客様にあったプランをご提案させて頂きます。
住宅の質について教えてください。
当社では建築基準法に加え、自社独自の審査基準に基づいて住宅が建築されているかをチェックしております。
また、自由設計であればお客様が建築中の現場をみることもできます。
サンヨーハウジング名古屋では家族を守る安心な住まいづくりを心掛けています。
地震や火災が心配です。
サンヨーハウジング名古屋の工法は耐震等級が最高評価の3相当の高い耐震基準になります。
これは数百年に一度発生する地震の1.5倍の地震力に対して倒壊・崩壊しないすぐれた特徴を持ちます。
火災においても、住宅金融支援機構の省令準耐火構造の住宅仕様に則り行っております。
※建物の間取りや条件、仕様により異なります。
メンテナンス、アフターサービスについて教えてください。
当社にはオーナーズサービス課という部署があり、定期的に担当のスタッフが点検をさせて頂きます。
定期点検以外でも対応させて頂きますので、何かあればご連絡ください。
結露はしませんか?
結露は室内と屋外の温度の差が大きいと発生します。また、室内の湿度の高さも関係します。ですから温度差をなくし湿気が留まらないようにする事が大切です。ドライ枠を採用し、内外の温度差を小さくしています。
体への影響(ホルムアルデヒドなど)はどうですか?
ホルムアルデヒドは主に壁紙などの接着剤に多く含まれています。当社ではノンホルムアルデヒドの接着剤を使用しています。ただ、住宅が安全でも家具に多く含まれていることがありますので気にされるのであれば購入される家具にも気を配っていただきたいです。
木造だとシロアリが心配ですが・・・
シロアリは湿気の多いジメジメした所が大好きです。特に床下ですが当社ではベタ基礎が標準で、さらに基礎パッキング工法を採用し、床下からの湿気をシャットアウトしています。また、人体に無害な防蟻材を床から1mの範囲に塗布していますので安心です。
サンヨーハウジング名古屋ではどんな建物が建てれるの?
サンヨーハウジング名古屋の家づくりは、お客様一人ひとりに設計士、インテリアコーディネーターが専属でついて家づくりのご提案をさせて頂いております。ご家族構成や将来設計、住まいへの思い、趣味など、どんな家に住みたいのか。 お客様のご希望を叶えながら世界に一つしかない住み心地の良い家づくりができるようになっております。
自由設計と建売の違いはなに?
住宅会社が提案・推奨する間取りにお客様側がご自分のライフスタイルを合わせていくものが建売です。 それに対し、お客様のライフスタイルを反映させていくのが自由設計です。 また、設計士やインテリアコーディネータと一緒に打合せをした図面を基に家を建てていくので基礎や壁の中もみることができます。
自由設計プランってどう決めるの?
他社が、複数のプランの中から近いものを選ぶ「選択型」やあらかじめ用意されたプラン例を自分仕様にアレンジする「アレンジ型」なのに対し、当社はゼロからつくる「フリー型」なので、広さやデザインのイメージ、部屋数、位置などの希望をお伺いして自由設計プランを作成いたします。 個性的な家や、どんな家にしようか決まっている方にオススメです。
どこまで自由設計でできるの?
当社自由設計、間取りに関することはもちろん、キッチンや階段のレイアウト、将来的なライフスタイルの変化に応じた設計などからコンセント、スイッチの細部に至るまであらゆる個所を予算内で細かく打ち合わせができるようになっております。 。

当社アスベスト(石綿)問題の対応について

マスコミなどで報道されておりますアスベストにつきまして、
当社における使用状況と安全性、および今後の対応についてご報告いたします。

現在のアスベスト(石綿)を含む建材の使用について

アスベストを含んだ建材は使用しておりません。

過去のアスベスト(石綿)を含む建材の使用について

過去に当社が建築した建物には、アスベストを含んだ建材を一部使用しておりました。これは耐久性、耐候性等の性能向上を目的として、アスベストを含んだ建材が当社に限らず、一般的に広く使用された時期があったことによります。

該当する主な建材

※アスベストを含む建材の健康への影響について
アスベストが含まれる建材では、アスベストをほかの原料に混ぜ、固く固定化された状態で使用しております。そのため、日常生活において、アスベスト繊維が空気中に飛散し健康に悪影響を及ぼす可能性は無いと言われております。

解体工事の対応について

現在、解体工事時には「石綿障害予防規則(厚生労働省:平成17年7月1日施行)」にのっとり、アスベスト飛散防止・保護などに対応した工事をおこなう必要があります。当社がおこなう解体工事は上記「石綿障害予防規則」に準拠して実施しております。なお、当社にて建てられたお住まいで解体およびリフォーム工事をご計画のお客様は当社お問合せ窓口までご相談願います。

今後の対応について

法令を遵守しながら関係省庁・業界団体・建材製造会社などと連携の上、対処して参ります。

お問い合わせ先 お問い合わせ先につきましては当社の資材部宛にご連絡頂きますようお願い致します。
電話 0561-64-3421